任意売却って?いざという時の為に知っておこう

住宅ローンの返済が苦しい!

毎月毎月切り詰めて住宅ローンを返済してるなんて話聞いたことありませんか?そんな状態での返済をあと20年以上続けなければならないことも少なくはありません。もし返済が切羽詰まってしまった場合はどうしたらいいのでしょうか?いくつかある方法の中でいちばん最初に思いつくのは自己破産。しかし自己破産は大きなデメリットがあります。自分の財産をほぼ全て手放さなければならず、自己破産後数年間借入ができなかったりもするのです。次に思いつくのはローンを組んでいる金融機関による競売。しかし競売手続きは時間がかかる上、不動産の売却価格も市場価格に比べてずいぶん安い金額となってしまうのです。そんなときに利用しやすい手続きが任意売却なのです。

任意売却っていいことばっかりなの?

任意売却は自己破産とは違い、売却不動産以外の自分の財産には全く影響がありませんし、新たなローンも条件さえ合えばすぐ組むこともできます。また金融機関による競売とも違い、時間がかかることはありませんし、売却価格も市場価格に近い金額で売ることができます。ほかにも、連帯保証人にも影響が及ばないことや、ご近所に知られることなく進められること、引っ越し日時等何かと融通が利くことなど様々なメリットがあります。ただ、自己破産、競売と決定的に違うのは、売却してもその金額でローンが完済できない場合には、その残金については金融機関と交渉の上、返済しなければならないということです。
しかし、その点を加味しても任意売却はメリットのほうが多いということができます。